雑記・趣味

5号機がもう少しで終わっちゃうから、思い出に浸ろう②

2020年4月20日

ヒキヨワ
5号機最高獲得は初代蒼天の拳の9000枚


ヒキヨワ(@hikiyowatenchou)です。

 

さて前回に続きおじさんホイホイ企画。

いや、今回は5号機の発展期なので30歳以上ぐらい。

 

前回の記事はコチラ↓

参考5号機がもう少しで終わっちゃうから、思い出に浸ろう①

ヒキヨワ万枚童貞 ヒキヨワ(@hikiyowatenchou)です。   18歳からスロットを打ち始め十数年・・・。 休みの日はほぼ毎回朝からスロット行ってたのに万枚出た事ない。 &nbsp ...

続きを見る

 

という事で今回は5号機の発展期。

前回書いたのが14年前ぐらいの5号機黎明期。

そこから少し進むから11年ぐらい前かな??

前回も書いてますが、自分の記憶を頼りに書いているので、間違いなどは許せ(謎の上から)

 

 

 

 

時代背景

さてこの時期は約11年前の2009年ぐらいかな??

東日本大震災の数年前で、まだ「イベント」をやっていた時期ですね。

 

爆裂4号機時代が終わり、暗黒の5号機時代を迎えます。

そんな中でもメーカーは試行錯誤し、色んな台を販売するがもうひとつ。

そこで現れたのがこの発展期に登場する機種たちです。

 

エウレカセブン

初代エウレカセブン。

「第三のボーナス」というキャッチコピーでARTを流行らせた金字塔。

この台を機に5号機が変わっていったと認識している人も多いと思います。

A+ARTのゲーム性と6択?ベルやリリチェの自力感。

またオシャレな音楽で消化できるノリノリART。

間違いなく5号機最高傑作に名を連ねる1台

ちなみに今稼働しているエウレカ3はREG後の択当てなど初代のゲーム性に似せて作っていると思います。

 

 

新鬼武者

新鬼武者

これもエウレカと対をなすART機の金字塔

ART突入のハードルはやや高いものの、G数上乗せとART継続率管理で一撃性もけっこうあった機種。

ARTがとにかく面白く、G数上乗せに期待できる「火柱演出」「紫ガッチャ」

大きくG数を乗せた後でのボーナス成立の無敵感。

全てが完璧な台でした。

 

 

ここからは少しマニアックな機種にいきます。

 

青ドン~花火の匠~

青ドン~花火の匠~

あまり覚えてないけど、結構打ってた記憶はある(笑)

普通の液晶演出とリールだけで楽しむタイプの2種類あったと思います。

特にリールだけで楽しむやつは後のハナビにも通じる秀逸さ。

自分はリーチ目とかよく分からない時期でしたが、この頃からAタイプに目覚めた気がする(笑)

 

 

エージェントクライシス

エージェントクライシス

5号機AT?ART?で初の純増3枚搭載したのがたぶんコイツ。

純増3枚のクセにベルが色押し必要でなかなかメンドクサイ。

全然人気は出ずに消えていったが、高純増時代の先駆者としての役目を果たした感はある。

 

 

大逆転

大逆転

小学生が夏休みの宿題で作ったみたいな台。

順押しだと1000枚のART、逆押しだと2500枚のARTに当たるゲーム性。

こんな名前でよく検定通ったな(笑)

 

 

幻想水滸伝

幻想水滸伝

個人的に大好きなゲームを駄作にしたKPEは許さない(私怨)

 

 

最後に

懐かしい台はありましたか?

正直もっと載せたい台はいっぱいあったのですが、記憶からほとんど消えてる(笑)

 

思い出補正かも知れませんがこの時代のスロットが5号機で一番面白かったです。

6号機では難しいですが、またA+ARTの時代が来ることを願っています。

 

 

 

ランキングに参加しているので、応援宜しくお願いします

にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村

 

 

-雑記・趣味
-

© 2020 ヒキヨワ店長は自慢したい Powered by AFFINGER5