考察系

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 設定判別 最速判別 RT比率判別

2020年10月9日

ヒキヨワ
好きな台だけど設置少ない

 

ヒキヨワ( @hikiyowatenchou )です。

 

今日はクレアの秘宝伝3の設定判別について書いていきます。

自分の近くの店に、このクレアの秘宝伝3が4台設置されているのですが、特日に設定が入る傾向があります。

ですが設定入るのに、出率が低いせいかライバルがめちゃくちゃ少ないです(笑)

けっこうクレア3の高設定を打っている回数も多いので、その経験を活かした最速で高設定を見切る術を書いていきます。

 

この記事では

  • 高設定を複数回打った経験からの設定判別
  • 重要な要素と不必要な要素

この辺に焦点を当てて書いていきます。

それでは宜しくお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

設定差

とりあえずどんな箇所に設定差があるか見ていきましょう。

※一部自分がエクセルでまとめた表は見辛いのはご了承下さい

 

引用:パチガブ

ピラ揃い=ピラビッド絵柄が一直線に揃う

チェリ重=通常チェリーでのボーナス

斜めスイカ重=斜めに揃うスイカでのボーナス

 

他にもREG中のカードの色、RT終了後の背景などあるが多すぎるので割愛。

 

バイト君
全部覚えれないッス~
ヒキヨワ
クレアは色んな箇所に小さく設定差を設けてあるのが楽しさのひとつだね

 

通常時の設定差は参考程度に

前項の通りベル・チェリー・ピラミッド揃いに小役設定差があり、チェリーと斜めスイカ重複に設定差があるが参考程度にしかならない

というのも、どれも【設定差が小さい】か【分母が重い】ので、どれが良い悪いで決めれない。

 

ではどこを見て設定を判別していくか?

 

スポンサーリンク

 

最重要設定差はRTに詰まっている

このクレアの秘宝伝はRTに判別要素が詰まっています。

その判別要素はこの2つ

ポイント

  • RTでの比率判別
  • RTでの設定示唆

この2つを見ていく事で最速で判別できます。

 

RTでの比率判別

余り一般的ではないですが、RT中のハズレとリプレイで比率判別します。

バーサスやディスクアップで有名になった比率判別ですが、クレア3でも使えます。

というのもRT中は高設定ほどハズレが出やすく、リプレイが出にくくなるので、その差を見ます。

比率計算方法

RT中リプレイ出現回数÷ハズレ回数

注意点としては1G目のRT突入リプレイは数えない事と、ボーナス成立後はリプレイ確率等変わるので数えない事。

メリットとしてはG数を数えなくても良いので楽です。リプレイとハズレが出るたびにポチポチするだけ。

デメリットはBIGを引けないとRTが出来ない事。

 

ヒキヨワ
こればかりは引いてくるしかない

 

 

スポンサーリンク

 

RTでの設定示唆

もうひとつの判別要素としてはRT終了後の画面。

RT単発後の背景は設定差が少ないですが、2連3連とすると設定差にメリハリが出てきます。

引用:パチガブ

特に重要な点が

ポイント

  • RT単発後の高設定示唆②
  • RT2連後の高設定示唆①
  • RT3連後の確定画面

逆にこの3つ以外は奇遇での差しか無いので、1回2回見ただけでは早計です。

RT終了画面については直接パチガブサイトをご確認ください。

 

まとめ

ポイント

  • RT中比率判別
  • RT終了後画面複数回確認

この2つをメインの判別に据え、サブで通常時小役とREGカードを見ていくのが良いです。

このクレア3はBIG確率もそんなに重くないので、700G以内には高低がある程度見えてくるハズです。

 

最後に

自分の経験をメインに書かせて頂きました。

人によっては【通常時の小役を優先する】とか【ボーナスの種類を重要視する】とかあると思いますので、参考の1つとして見ていただければ幸いです。

 

ランキングに参加しているので、応援クリック宜しくお願いします

褒められると伸びるタイプです。

にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村

-考察系
-

© 2020 ヒキヨワ店長は自慢したい Powered by AFFINGER5