雑記・趣味

【懐古】個人的に面白かったパチンコ7選|2006年辺り~

ヒキヨワ
パチンコ打っていいのは・・・打たれる覚悟のある者だけだ!

 

ヒキヨワ( @hikiyowatenchou )です。

 

さて本日はタイトル通り面白かったパチンコ7選です

 

パチンコを打ち始めて15年ぐらい・・・思えば色んな台と巡り合いました。

打ち始めの頃は1/499の台があったり、羽根物コーナーが人でいっぱいの時代。

その頃から現在に至るまで、個人的に好きだった台を発表します。

 

ヒキヨワ
オジサンになると思い出話を話したくなるんや

 

と言っても自分はスロット派でパチンコの遊技回数はそんなに多くないです。

「あの台入ってないやんけ!」などの苦情は受け付けていませんのでご了承ください。

 

 

新レレレにおまかせ

思い出すのは2005年頃。

当時は〇学生でもパチンコを打てるぐらい規制が緩かったので、500円玉握りしめて遊技してました。

レレレのおじさんがホウキで玉を弾いて、真ん中の回転体のVに入れば当たりなのですが、このジジイはなかなか玉を弾きません。

慣れてくると羽根が開く前に、タイミングで当たるかどうか分かるので、どつきゴトが凄い流行りました。

当時の従業員の羽根物コース担当者は、戦闘民族じゃないと務まらない時代だったのも良い思い出です。

 

戦国乱舞

サミーの名機CR戦国乱舞。初代の方です。

スペックはクソクソのクソでしたが、とにかく演出がかっこ良かった。

しかも大当たり中にバトル演出があるのですが、導入時に陰陽座の甲賀忍法帖が流れて最高です。

これの継続システムが、回転体によるV入賞を狙う仕組みで、やっぱりゴトが流行りました(笑)

甲賀忍法帖はバジリスクだけじゃない事を知って欲しい1台

 

初代牙狼

これはもう語る必要なし。

ここ15年で1番流行った機械と言っても過言ではないと思います。

当時そんなに流行ってなかった1種2種のシステムで時代の覇権を取った機種です。

スペックが注目されがちですが、演出も意外に秀逸。

通常時はシャンシャン+牙狼墨字演出待ちでしたが、大当たり中は鋼牙がゲートに飛び込んでからの「閉まれ!閉まれ!」が楽しかった(説明下手か)

 

花の慶次~焔~

初代慶次と迷ったけど、打ち込んだのはコッチ。

慶次シリーズそんなに打ち込んだワケじゃないですが、焔が一番演出バランス良かった気がします。

確変中の演出が佐渡島編で、カッコイイ場面が沢山あるのが魅力でした。

スペックはもちろん良かったですが、何よりも相性が何故か良かった。

 

AKB48

ライトミドルの金字塔と言えばシンフォギアの前はAKB48でしょ!

当時MAX全盛期だった時にライトミドルで一世風靡した記憶。

全然AKBに興味無かったのに、打ち込んだら好きになってた(笑)

大当たり中に色んな曲が聴けるので、カラオケで歌えるレベルになったぐらいみんな打ち込んでました。

AKBというコンテンツ力に負けないスペックと、週を追う毎に曲が追加されたり、1時間に1回全台一斉に曲が掛かるRTC機能など目新しさもあった間違いなく時代を変えた1台でした。

 

牙狼FINAL

初代牙狼以降で、再度牙狼が面白いと思った台。

スペックとしてはSTの80%ループで、ツボにハマると止まらなくなるタイプ。

演出も映画の牙狼を採用しており、牙狼ファンの自分としても納得の1台。

 

ルパン三世~消されたルパン~

ルパンシリーズの間違いなく最高傑作。

今思えばこの台から通常時の演出がお祭り騒ぎになった気がする。

通常時は北斗無双と一緒で、図柄が揃うまで安心できないタイプ。

またタイマー演出の走りは多分このルパン。

 

最後に

こうやって思い返すと、時代を変える機種はその後の機種に大きな影響を与えています。

初代牙狼は1種2種で出玉の早さの時代を作り

AKBはライトミドル高スペック時代

ルパンは演出インフレ時代(おい)

 

 

昔の台も面白いですが、現在も北斗無双や大工の源さんなどおもしろい台が沢山あります。

有能開発者様に感謝

 

 

 

ランキングに参加しているので、応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村

-雑記・趣味
-

© 2020 ヒキヨワ店長は自慢したい Powered by AFFINGER5