【速報】新6号機とスマート遊技機の見通しについて

この記事を書いている人

ヒキヨワ
サイト管理人の”ヒキヨワ”です
  • 現役パチンコ店長
  • パチンコ業界歴16年
  • 店長歴8年
  • ブログ歴2年
  • パチンコ&スロット大好きオジサン

 

今回は2022年3月24日にプレスリリースされた新6号機・スマートパチンコ・スマートパチスロの見通しについて解説していきます。

 

それではさっそく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

発表内容

 

両組合では4年前の規則改正以来、パチスロの遊技性の向上を目的として、「低ベース化」「有利区間ランプの廃止」「有利区間のゲーム数の延長」などパチスロAT機の自主規制の見直しを図ってきた。さらに2400枚規制の解釈基準がMY から差枚数へと変更され、この一連の見直しによりパチスロの遊技性が大幅に向上する見通しとなった。

文書では、これらの新機能が搭載されたパチスロの供給見通しについて以下のように発表した。

・本年5月末頃から有利区間4000ゲームの差枚数管理の機種、いわゆる4000ゲーム機が登場。
・本年7月に販売を予定していた、有利区間ゲーム数の規制のない差枚数管理機、スマートパチスロは、世界的な電子部品のひっ迫による専用ユニット調達の遅れから、本年11月の納品を目標とする。

スマートパチンコについては、スマートパチスロと同様に専用ユニットの調達見通しの関係から、スマートパチスロに若干遅れて来年1月の納品を目標にするとし、「現行機よりも遊技性を拡げた新たな機能を搭載した仕様とすることを予定している」という。

引用:アミューズメントジャパン

 

こちらのような発表がありました。

内容をまとめると

 

パチスロ(新6号機)

有利区間4000G及び差枚数管理の機種については、2022年5月頃より登場

 

スマートパチスロ

有利区間ゲーム数上限の無い差枚数管理機種については2022年11月の納品を目標

 

スマートパチンコ

2023年1月の納品を目標

 

 

新6号機とは

いわゆる新6号機とは6.5号機以降のパチスロの事で、主に3点の変更点があります。

 

  • 有利区間4000G
  • MYから差枚数管理
  • 有利区間ランプの撤廃

 

この3点変更された機種が2022年5月頃より登場するようです。

こちらについては2022年1月より型式試験への持ち込みが既にされていたので、いつ登場するのか?といった状態でしたね。

 

詳しい内容は過去に記事にしているのでご確認下さい。

 

こちらもCHECK

スロット6.5号機の変更点・内容について

続きを見る

 

スマートパチスロとは

スマートパチスロは主にメダルを使用しない機械の事を指します。

そしてこのスマートパチスロの導入と同時に有利区間ゲーム数の撤廃を計画しているそうです。

 

ただ今回の発表では電子部品供給の遅れから、2022年11月以降の導入となりそうです。

 

スマートパチンコとは

玉を使用しないパチンコの事をスマートパチンコと言います。

また今回の書面ではスマートパチンコと同時に、遊技性を拡げた新しい仕様を搭載すると書いてありますので楽しみですね。

 

ただこちらも電子機械の供給不足から遅れており、2023年の1月以降に登場する見込みです。

 

まとめ

今回のまとめ

  • 有利区間4000G、差枚数管理のパチスロが5月登場
  • 有利区間撤廃のスマートパチスロは11月登場
  • 新しい仕様と搭載したスマートパチンコは来年1月登場

 

現状元気のないパチンコ業界ですが、これで少しでも盛り上がると良いですね。

 

黒ギャル
玉やメダルに触らなくて良いのは助かります
ただ初期費用は高そうなのがネック
ヒキヨワ

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ランキングに参加しているので、応援クリック宜しくお願いします

にほんブログ村 スロットブログへ にほんブログ村

 

Twitterもやっていますので、良かったらフォローしてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヒキヨワ店長

現役パチンコ店長のヒキヨワです。▶パチンコ店勤務歴16年▶店長歴8年▶ブログ歴2年。主にパチンコ・スロットのイベント内容とパチンコ業界について書いています。好きな5号機は押忍番長3

-雑記
-